FC2ブログ
銀葉の作成したSD用アクセサリの保管庫・備忘録・ならびに紹介

夏のびいどろ

ガラスの箸の先を折り取って、先を水やすりで削り、ガスで炙って滑らかにして人間用のかんざしを作ったことがありますが、その時折り取った先端がちょうどドールサイズのそれにふさわしいように思えたので、そちらにも水やすりを掛け、細工を付け足して夏のかんざしにしてみました。

doll150.jpg

日本製のガラスビーズ。このラムネの瓶を思わせるような、いかにも「びいどろ」といった感じのシリーズが大好きで、たまにですが和のものを作るときは使っていました。昔はこのビーズ、浅草橋でもよく見かけたのですが今は数少なく…一見同じように見えても質感の違うものに取って代わられてしまいました。和ものを作ることはあまりないのでいいかと思いつつ、大好きでよく使っていた紺や淡青などはもっと買っておけばよかった、と惜しまれます。今も探せばあるのでしょうが、あの街は表通りを一巡するだけで体力が尽きてしまって。

doll151.jpg

浴衣に合う感じで涼しげに。
画像は最も簡単なかんざしの使い方。ねじって丸めて縫うように差す、それでおしまいです。

doll152.jpg


さて、ここで過去にオークションで落札してくださった方々に対して、お詫びをせねばなりません。私の製作に関する考えの甘さ、についてです。
最近の出品物について、「触っている最中に一部パーツが取れてしまった」とのご指摘を頂きまして、実はそういったことは今回で二回目になります。それなりに数を作ってきましたが、お金を頂いている以上、二回、という数字は許されるものではありません。そのつどお詫びと今後の対策のためのご協力を頂くと共に、しみじみと考えていたのは、自分は作る側にしか立ってこなかったな、遊ぶ側との意識の乖離を製作に反映させることを忘れていたな、という自責の念でした。
私は作る側ですから、製作者の無意識でもって出来上がったものを<作品>とみなし、その取り扱いも最初から判っている者の手で、自然と弱いところには力を掛けないようにしたり、一定方向にねじらないようにしたり、ごく普通にやっていると思います。
けれども、お金を払って落札してくださった方々にとっては、それは<遊び道具>であり、単なる遊びの動作の中で道具として扱うものであり、ゆえに一定の耐久性を当然要求してしかるべきものなのです。製作者の無意識でやっていることは通用しない。
自分がいかにその無意識の部分を忘れ、製作に関して考えが甘かったか、二回という事実の前に忸怩たる思いです。幸いご協力を頂けて、今後の対策を考えていますが、本当に製作者として至らない点がありました。今までの落札者様にお詫び申し上げます。そして気づくきっかけになったご指摘について、大変ありがたく、御礼と再度のお詫びを申し上げます。
見かけばかりでなく、きちんとしたものを作らねばならない、と思います。

もしここを見てくださっていて、お手持ちのものにそういった損壊が生じた場合はメールフォームからご一報下されば、送料無料にて直させていただきますので、どうぞお申し出くださいませ。
その上で、今後ともご笑覧いただければ幸いです。
スポンサーサイト



テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

<<  | HOME |  >>

プロフィール

銀 葉

Author:銀 葉
ここではないどこか、を愛する人間です。
所持SDは旧8番ヘッドカスタム、13少女ボディ。
ときおり神話やファンタジーのイメージでアクセサリーを作ってヤフオクへ出品も致しております。
サイト名はキリシタン用語から。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
アクセサリ (0)
チョーカー (34)
ネックレス (25)
ヘッドドレス (20)
かんざし (1)
ヘアクリップ (7)
コーム (1)
パーツ (2)
よしなしごと (15)
拍手コメ御礼 (42)
人間用 (2)
肩章 (4)
ラリエット (1)
チャリティー (8)
ドレス (2)
セット (13)
小物 (9)
いただきもの (4)
ご連絡 (6)
ブレスレット (3)
腰飾り (2)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード