FC2ブログ
銀葉の作成したSD用アクセサリの保管庫・備忘録・ならびに紹介

氷姫の胸飾り

オークション出品しました。
デザインを足しての再出品ですが、最近は出品してから一晩考えて
やむにやまれずまたペンチを握ってしまうことが多く、
はなからぴしりと決められないのは非常に残念です。格好悪い。
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w46556430

doll0146.jpg

前回と同モチーフの、氷姫のシリーズです。
このビーズをフィヨルドの氷の色だと、惚れこんできましたが、ふと
作りながら思い出したのはアンデルセンの童話「氷 姫」でした。
雪の女王と似ていますが、こちらはぐっと深く叙事詩的で蠱惑的で
エロティックな感じすらする美しいバッドエンドです。
私はこの話が子供の頃非常に好きで、同作家の「プシケ」「旅の道連れ」
「赤い靴」「薔薇の精」と、どこか昏いフェティシズムと執着の匂い漂う
隠微なものばかりを好んで読み返していました。中でもこの氷姫は
白眉だと思います。
雪の女王よりも遥かに怖ろしい超自然の、ひと生きて視るを能わざる
存在に描かれています。
人を崖端から死へ誘い込む、「眩暈」の精を従えて。

あの話への憧れをビーズにこめるには全く力不足だし、挿絵のとおり、私も氷姫は
服や装飾品など身に着けていないと思っています。
けれどクリスタルヴィリジアンの色からの連想ということで…

“いまこそ おまえを捕らえよう!”

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

コメント

初めまして

初めまして「氷姫」で検索してこちらにたどり着きました。
アンデルセンの童話の中でも「氷姫」は美しくも悲しいお話で
私も大好きです。このビーズアクセサリーは「氷姫」のイメージに
ピッタリで素敵です。威厳と冷たさと美しさ気品と鋭さの中に
どことなく優美な部分を感じさせられました。

>カオス様

初めまして、お言葉ありがとうございます!とても嬉しいです。
氷姫は雪の女王に比べると知名度がいまひとつなので、いい話なのに、と
残念に思っておりますが、あの隠微な所がいいので、それはそれでよし、
なのかもしれません。
カオス様のイメージなさる氷姫のイメージを壊さないで済んだようで安心しました。
あの氷姫にぴったり、と言っていただけるとは光栄の極み。
今後も精進いたします。またいらしてくださいませ。

お返事ありがとうございます。

他の作品もいろいろ拝見させていただきました。
優美で繊細なんだけど必要以上にデコラティブに
ならないどこかスッキリしたデザインが素敵です。

氷姫のシリーズとなっていますが、この作品以外の
氷姫をイメージした作品はどこに掲載されていますでしょうか?
あ、あと「プシケ」をイメージした作品などありましたら
ぜひ拝見したいです。

こちらこそ光栄です

またのお言葉ありがとうございます。大変嬉しいです。
デコラティブにしてみたい気もあるのですが、そこまで腕がないのと
やはり及ばずながらも高貴を追求したいので、ビーズの数を減らして
いたりします。バランスをとるのが毎回難しいですが…
そこのところを読んでいただけて幸甚です。

氷姫のシリーズと書いたのは、また同じビーズを使って、違うデザインで
作るつもりなので…そうとしました。
プシケは今回の「姫君」と同じ、古金にパールの組み合わせというところまで
決まっていますが、細かいデザインがまだ固まっておりません。
もし出来上がった際は、またご覧いただければ嬉しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverplants.blog84.fc2.com/tb.php/30-90a19bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

プロフィール

銀 葉

Author:銀 葉
ここではないどこか、を愛する人間です。
所持SDは旧8番ヘッドカスタム、13少女ボディ。
ときおり神話やファンタジーのイメージでアクセサリーを作ってヤフオクへ出品も致しております。
サイト名はキリシタン用語から。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
アクセサリ (0)
チョーカー (34)
ネックレス (25)
ヘッドドレス (20)
かんざし (1)
ヘアクリップ (7)
コーム (1)
パーツ (2)
よしなしごと (15)
拍手コメ御礼 (42)
人間用 (2)
肩章 (4)
ラリエット (1)
チャリティー (8)
ドレス (2)
セット (13)
小物 (9)
いただきもの (4)
ご連絡 (6)
ブレスレット (3)
腰飾り (2)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード